.

自動車重量税、通称重量税というものは、国内メーカーの自動車あるいは海外の車等愛車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、ステーションワゴンという自動車のタイプも全て同じで例えば、スズキやポルシェ、などにも普通に納付しなくてはならない税のことをいいます。新車登録をする場合、または定期的にある車検のさいに支払う税金なのです。金額はその自動車の重量によって決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」はまったく異なる税なのできちんと学んで混同しないようにしてください。「自動車重量税という税金は重量で」「自動車税という税金はクルマのリッター数により」税額が変わってきます。また、買い取りする時の扱われ方変わりますし、注意しましょう。クルマの買い取りの時には支払った自動車の税金がいくら残っていたとしても、その額が還ってくるということはないのですが、一方で、自動車税でしたら支払い済みの金額を買取額に上乗せしてくれるという事例がなくはないですが、重量税の時は足される場合はなかなかないでしょう。重量税についてはすでに支払った金額があると言っても自動車専門店にてそれが材料になることは少ないのです。なのでその次の支払い要は車検まで待機して買い取ってもらうのが無駄がないです。自動車買い取りの時は考慮されないのが重量税ですが一定の条件の事例だと還付されることもあります。このケースは、車検の効力が残っている自動車を廃車処理するケースです。要するに廃車登録をした時に、残存期間に応じて重量税が返金されます。ですが、自動車引き取りの場合はそのクルマが廃車になるわけではないので戻ってきません。また、手放す自動車の名義を変更してしまった際や盗まれた際も還付してもらうことはできません。重量税が残っている自動車を売却するというのはつまり車検期間が残っている車ということになります。そういったことを業者も計算に入れますので重量税の期間が残っていればそこそこ査定額が上乗せされるはずです。当たり前ですが買取額は店舗次第で異なりますが、車検が残っている事実を計算に入れてもらえば、クルマの売却額からみたらそれほど損をするということもありません。