.

自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険と言い略すと自賠責保険とよばれるものです。このような保険は別名強制保険とも呼ばれていて、車を決められた期間ごとの車検に出す時はその車検期間に適用される自賠責保険に加入している必要があります。簡単に言えば、全てのクルマが加入する必要がある保険です。それではクルマが自賠責保険に入ったまま売ったケースではどうか考えてみたいと思います。強制保険は車検時に更新されるケースが少なからずあったりしますが仮に自賠責保険に加入した自動車を手放したケースではお金が返還されるということはほとんどありません。というのは自賠責保険を一旦消して新たなオーナーにシフトするということは多少面倒くさいのです。ですから、強制保険(自賠責保険)は名義変更をして自動車とともに手放すということが普通です。ただ、その代わりの金額を買取額に足してくれます。強制保険は自動車税と違い、既に支払った金額を月々で割り算した額が返ってくるやり方ではなく、見積額に足すというような手段をとるケースが通常なのですがこのことが査定シートに載る場合はほぼありません。なので引き取りの際には強制保険(自賠責保険)の金額が査定額に入っているかを確認する必要があります。支払った額がいくらかだけでもわかっていれば間違いはないといえます。自賠責保険の額に関しては加入期間次第で違ってくるため注意してください。クルマの処分時には自賠責の名義を書き換えしましょう。もしこの作業をしていなければ、保険会社から自分に保険期限の満了便りが届くことになります。あなたのマイカーがより正確に判断されお得に手放すことができることを応援させて頂きますね。